banner

オンライン申請について

会社設立のオンライン申請について


会社設立の際の届け出はオンライン申請による提出が可能になりました。会社を設立する際には法務局に設立登記申請書を提出する必要がありますが定款などの付属書類を提出する必要があります。この手続きを法務省のホームページで無償配布されている申請用総合ソフトを利用し、インターネット上で申請することで書類作成のコストを押さえて申請の手続きが出来ます。 オンライン申請は登録の申請に限られ、会社設立登記の際の印鑑の提出の登記申請に関しては、印鑑届出の管轄を行う窓口に提出か送付をすることになります。印鑑提出を必要とした登記申請をオンラインで行う場合は印鑑届出の書類に申請番号か受付番号を記入し提出元を確認してもらう必要があります。 会社設立によっては必要書類の添付が必要になってきます。PDFなどの形式のデータに必要な添付書類のデータも合わせて添付します。電子定款を添付する場合はデータのフォルダを指定することで添付して提出が可能です。 添付書類についてデータ化されていないものは書面の提出または送付によって手続きを行います。その際は添付書類に申請番号を記入するか、申請用総合ソフトを使い、書面により提出した添付情報の内訳書を印刷して添付書類と合わせて提出を行うようになります。 申請書情報か添付書面情報に関しては申請人またはその代理人の電子署名を行う必要があります。申請人か代理人はそれぞれの区分に応じて電子証明書を取得して、会社設立の申請書や添付書類情報と合わせてオンラインで提出することが可能です。 会社設立のオンライン申請は法務省のホームページから総合ソフトをダウンロードした際、各データの中にそれぞれの手順が明記された利用ガイドのデータも含まれておりご利用環境や事前準備の確認が出来るようになっています。 作成したデータはCDなどの媒体を使って直接提出することも出来ますが、データ送信による提出も可能です。登記事項提出書類データを作成後、登記・供託オンライン申請システムに送信を行ないます。登記事項提出書の送信の際には電子署名や電子証明書の添付は必要ありません。 登記事項の提出を申請システムに送信したら申請用総合ソフトなどの処理状況表示画面による到達通知を確認することが出来ます。 その後の必要な添付書類は申請される登記の種類などによって異なるため商業・法人登記申請の確認を行ってから、それぞれの窓口に提出または送付を行います。

Copyright(c) 2014 会社設立・・・株式会社でホントに良いのかお教えしますAll Rights Reserved.