banner

個人事業から…

個人事業から会社設立をする分岐点


会社設立をするメリットはいくつもありますから、個人事業で経営を行っている人はどこかのタイミングで会社設立をしようと考えているでしょう。では、分岐点はどの辺りなのでしょうか。これは一概には言うことができませんが、大まかに言えば、主な事業の利益が700万円から1,000万円くらいだと考えられます。実際にはそれぞれのケースで検討することは必要です。
本業での利益があまり大きくない場合には、個人事業として経営を続けた方が良いです。個人では、収入が低ければ税率も低いですから、納めるべき税金の金額が安くなる場合が多いです。しかし、収入が増えてくると税率も上がりますから、会社設立をすることで節税ができます。
税金だけを考えればこれくらいが妥当な分岐点だと考えられるのですが、他の部分も考えておかなければなりません。会社設立をすることによって失うものもあるからです。個人事業主では制約があまり厳しくはありませんから、自由に経営を行うことができます。やりたいときに初めて、やめたいと思えばやめることができます。税務申告や届出などは必要になりますが、他に特に手続きは必要ありません。制約があまりないという点では優れています。
また、交際費に制約がない事も挙げられます。大企業は交際費が経費として認められませんし、中小企業であれば年間800万円までしか経費として認められません。
無制限に交際費を経費とできるメリットは大きいと考えられます。会社設立をすれば交際費に制約が付くというデメリットはあります。

会社設立をすれば、まず社会的信用が増すというメリットはあります。すでに取引のある会社なら信用はあるでしょうが、新規のお客さんならなかなか簡単ではありません。新規のお客さんなら、個人事業よりも会社の方が信用するでしょう。

会社設立をするもっとも大きなメリットは、やはり税制です。税金を安くできる場合が多いですから、その目的で会社設立をする人も多くいます。

税金を安くするためには税務の知識が必要となります。自分で勉強をするのも良いのですが、税理士に丸投げしてしまうのも良い方法です。

一定の規模を超えてくると、税務についていろいろ考えるよりも、本業にできるだけ時間を費やすべきでしょう。また、規模が大きくなれば節税効果が高くなりますから、税理士に支払わなければならない報酬を差し引いても、会社設立をした方がプラスになるケースが多いのです。

Copyright(c) 2014 会社設立・・・株式会社でホントに良いのかお教えしますAll Rights Reserved.