banner

代表取締役とは

会社設立をするときに定める代表取締役とは


取締役とは、株式会社設立をしたときに設置しなければならない役職です。会社の経営を行う人だと考えれば良いでしょう。「代表」という言葉についてですが、これは代表権を持つことを意味します。代表権とは、その会社を代表する人を刺すわけですが、具体的には契約を結ぶ人を刺すと考えれば良いでしょう。

会社設立をすれば、資産の所有や取引については、個人ではなくて会社として行います。しかしながら、何らかの業務を行うのは人間であって、例えば書類の作成は誰かが行わなければなりませんし、交渉をするのは誰かが行わなければなりません。

このような作業は人間が行うのですが、対外的に契約を行うときに、それが誰でも良いとなれば経営は混乱するでしょう。そのために、対外的な業務を行う人を定めることが必要で、この権利を代表権と呼びます。

代表権を持つ人が、対外的な取引を行います。例えば、取引先と契約を結ぶときには、代表権を持つ人が契約書に署名することになります。株式会社では取締役会を設置するのかどうかによって、代表権を持つ人に決まりがあります。

会社設立のときに取締役会を設置しない場合には、原則としてそれぞれの取締役が代表権を持ちます。ですから、取締役になっている人のそれぞれが契約を結ぶことができ、それによって契約が成立します。この場合でも、取締役の互選か、あるいは株主総会の決議によって、一人の取締役だけに代表権を持たせることはできます。

このようにして選任された取締役が代表取締役となります。代表取締役が選任されれば、他の取締役は代表権を持ちません。

会社設立の時点で取締役会を設置すれば代表取締役を選任する必要があります。この場合にも、他の取締役は代表権を持ちません。

会社設立をするときには、代表取締役を一人だけ設置する事が多いですが、一人でなければならないという決まりはありません。二人選任すれば、二人のそれぞれが代表権を持つことができます。例えば、複数の場所で業務を行う場合には、契約を結ぶ手続きが一人しかできなければ、その人の負担は大きくなるでしょう。

海外にいれば、契約を結ぶ度に帰国しなければなりません。このようなときには、国内に一人と、海外に一人選任しておけば、取引をスムーズに行うことができます。このように、代表権を持つ人を複数選任することはできますが、小規模な株式会社の場合には、一人だけ選任しておくのが一般的です。

Copyright(c) 2014 会社設立・・・株式会社でホントに良いのかお教えしますAll Rights Reserved.