banner

税理士に相談する

会社設立のときに税理士に相談するメリット


会社設立によって節税しようと考えている人は多いでしょう。税理士に相談するのが良いと考えられます。設立をした後に相談するよりも、会社設立を検討する段階で相談したほうが良いです。色々なことを決めてから節税をするよりも、節税を考えながら色々なことを決めるほうが、トータルとしては節税効果を高めることができます。

会社設立をするときには、もちろんですが色々な費用がかかります。これらの費用は創業費として経費に算入することができるのですが、創業費は繰延資産ですから、会計処理は少し面倒です。これらの費用についても節税に使うことができるのですから、うまく調整すれば節税効果も高くなります。節税効果を高めるための技術は色々あるのですが、自分で学ぶよりも税理士に相談した方が早いです。

税理士は税務に関してはプロですから、節税を考えれば相談をするメリットは大きいでしょう。しかし、そのためには顧問契約料を支払わないなど、コストもかかります。日々の帳簿は自分でつけて、決算処理だけを任せるという方法をとることもできるのですから、コストをうまく調整することは必要です。

少しでもコストダウンを図りたいという理由で、税務をすべて自分で行う人もいるようですが、そのためには時間もかかります。経営者自身が暇な会社であればそれでも良いのですが、経営者が暇であるということは、それはそれで問題でしょう。できることなら経営者は本業に没頭できるのが理想的です。それを考えれば、単なる事務作業は外部に委託したほうが良いでしょう。自分で税部を学ぶのにも時間がかかるのですから、すべて自分で行うのは得策ではありません。

ただ、どこまで委託するのかを考える事は必要となってきます。ただ単に処理だけを任せる事もできるのできます。その場合には税務を含めた戦略についても経営者が判断しなければなりません。顧問契約を結んでおけば、節税に関する様々なアドバイスをくれることもあります。もちろんですが、税理士との信頼関係を結ぶことは必要ですが、コストをかければそれに応じたサービスを提供してくれるでしょうから、税務を全く知らなくても何とかなるのです。

どの場合であっても、将来的に利用しようと考えているのなら、会社設立の段階で相談をするのが良いです。会社設立の段階でいろいろな相談をしておけば、設立後のことも含めた節税を行ってくれます。例えば、会計ソフトとしては何が適しているのかも教えてくれるでしょうし、

Copyright(c) 2014 会社設立・・・株式会社でホントに良いのかお教えしますAll Rights Reserved.